NEC RED ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

MATCH INFORMATION

試合情報

V1 LEAGUE

レギュラーラウンド

NEC
レッドロケッツ

VS

トヨタ車体クインシーズ

トヨタ車体クインシーズ

大田区総合体育館

25-10

25-18

26-24

3

0

  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信

STARTING MEMBER

スターティングメンバー

  • サラ・ ウィルハイト

    18

    サラ・ ウィルハイト

  • 山田 二千華

    13

    山田 二千華

  • 曽我 啓菜

    曽我 啓菜

  • 古賀 紗理那

    古賀 紗理那

  • 島村 春世

    島村 春世

  • 塚田 しおり

    塚田 しおり

  • 小島 満菜美

    16

    小島 満菜美

RESERVE MEMBER

リザーブメンバー

  • 10

    澤田 由佳

  • 12

    山内 美咲

  • 9

    廣瀬 七海

  • 8

    野嶋 華澄

  • 11

    古谷 ちなみ

  • 17

    川上 雛菜

  • 20

    井上 琴絵

マッチリポート

第1セット、出だしからスパイカー陣の気迫のオフェンスで隙を見せず8-2とリードする。中盤も小島を中心に粘りのディフェンスから攻めきり16-6とリードを更に広げると、自コートにボールが落ちることなく全員で繋ぎ、相手のミスも誘い一気に突き放し、25-10で先取する。
第2セット、曽我のブロックポイントや山田のブロードで得点を重ねる。中盤までトヨタ車体のルーキー、大川選手、ハッタヤ選手を中心としたオフェンスと競り合う展開となるが、2枚替えで入った澤田の多彩なコンビバレーで対抗して18-10とリードを広げる。途中、サイドアウトに苦しみ3連続失点を許すも、替わって入った廣瀬が気迫のスパイクで流れを切り25-18で連取する。
第3セット、スタートからサーブで攻めるトヨタ車体に対しレセプションを乱され3点を追う展開となるが、島村のブロードや山田のブロックポイントで得点を重ね、中盤までに逆転すると、廣瀬や澤田の好ディフェンスから古賀が決め切り流れを呼び込む。しかし終盤、サイドアウトが回らず24-24同点となる。最後まで諦めず全員で粘り、攻めきり26-24。セットカウント3-0で勝利した。

【第16戦 2022/1/30(日) ハイライト映像+監督・VOMインタビュー】




【選手コメント 背番号① 島村春世選手】




【選手コメント 背番号③ 塚田しおり選手】




【選手コメント 背番号⑬ 山田二千華選手】


  • 順位表
  • 個人ランキング
  • 公式レポート

MATCH PREVIEW

試合の見どころ

PICKUP PLAYERS

【背番号④ 柳田光綺選手】

 2021年を振り返ると、泣いた記憶ばかりが蘇る。
「幸せなことに1年目からスタートで試合に出させていただくことも多かった中、これほど試合に出られない。ユニフォームも着られないという経験をしたのは、2021年が初めてでした」
 ベンチから、時にはベンチの外から声援を送る。この場でできることをして、何とかチームに力を与えたい。そう考え行動していたつもりだったが、本当に自分はすべて出し尽くせたのかというと後悔が残る。
 だがその経験は、新たな気づきを与えてくれるきっかけにもなったと言う。
「引退した同期の奥山(優奈)や(峯村)沙紀さん、試合に出る機会が限られていたり、本来のポジションとは違うレシーバーとしての役割だったとしても、常に笑顔で誰よりも大きな声を出して盛り立ててくれた。自分が同じ立場を経験して本当にすごいな、と思ったし、出られない選手の悔しさもよくわかった。だからこそ、コートに立つ機会を得た時はその喜びも全部発揮したいと前以上に思うようになりました」
 身体は小さくとも、オフェンス力は誰にも負けたくない。相手はもちろん、チームメイトにも。
「レッドロケッツはレフトにいい選手がたくさんいますが、ライト側の決定力が上がればもっと勝てる確率が上がる。(決定率)50%をコンスタントに出せる日本人オポジットとして、自分の役割を果たしたい。2022年はたくさん笑える年にしたいです」
 笑顔の奥に、闘志を秘めて。新たな年も更なる活躍を誓う。
 
【背番号⑯ 小島満菜美選手】

 忘れられない1本がある。昨シーズンのセミファイナル、フルセットで敗れたJTマーヴェラスとの試合、まさにその最終セットでドルーズ・アンドレアのサーブをレシーブした、その1本だ。
「大きく崩されたわけではないけれど、ミドルを使えないパスだったんです。後になってデータを見返したら、クリアしなければならない数字は出していたし、悪かった、と見る人も少ないかもしれない。でも自分の中では大事な1点を争う勝負所で、ああいうパスしか返せなかった、というのはすごく重く、今でもずっと残っています」
 どんなボールにも反応して即座に動く敏捷性と、レシーブの正確さ、サーブレシーブの範囲の広さ。周囲へ指示できる力も含め、リベロとして高く評価されることが多いにも関わらず、自身はまだ「満足には程遠い」と言う。
「やっぱりバレーボールの醍醐味って粘りやつなぎのプレーだと思うし、レシーブは日本の武器でもある。だけど最近はそれもどこか淡泊というか、データバレーが主流で、割り切らなければならないというのもわかるけれど、でも私は追えるボールは最後まで追いかけたい。数字にも記録にも残らないけれど、そういう姿勢、1本が大事だと思うんです」
 勝負所で悔いだけが残る。そんな経験は二度としたくない。目標は「優勝」と迷わず断言する今シーズン、新たな年の始まりに誓う。
「見えるものだけじゃないことを大切にする。それが自分でもあるけれど、そこだけじゃなく、見えないものも形にして見せることで証明したい。大事な場面はやっぱり小島だよな、と思われる選手になりたいです」
 2022年、気合は十分だ。
 
【背番号⑬ 山田二千華選手】

 紙一重の勝負で敗れた昨シーズンのセミファイナル。ドルーズ・アンドレアに決められた最後の1本が、今でも鮮やかに蘇る。
「昨シーズンは自分の中でブロックに手応えをつかみ始めていたし、自信もあったんです。でも最後の最後、自分が止めなければいけないコースで、ブロックに当てて決められた。それがものすごく悔しくて、今でもあの感触、ハッキリと覚えています」
 だがその悔しさをバネに日本代表へ選出され、これがほぼ初めてというシニアでの国際試合、五輪直前のネーションズリーグでも結果を出し、五輪にも出場した。それだけでも十分誇るべき成果であるはずなのに、振り返るたび胸が痛く、五輪を終えたばかりの頃はむしろ振り返ることすらできなかった。
「本番はほんの一瞬。結果を残すこともできないまま終わってしまって、チームとしても結果が残らなかった。バレーボールをすることが怖かったし、自信なんて何もなかった。むしろ私はこの後、どんな顔をして変えればいいんだろう、と思っていました」
 それでも周囲はあの経験をチームに還元してほしい。若いのだから次に活かせばいいと言う。わかってはいても、それも苦しかった。現に2021/22シーズンが始まったばかりの頃は、完全に吹っ切れたわけではなかったと振り返る。
「オリンピックから逃げていた自分もいました。でも時間が経って、今やっと受け止められるようになった。ここからどうプラスにしていくか。それが大切だし、結果として示すことでプラスにしないといけないと思っています」
 一度はボロボロになった心を奮い立たせて、また立ち上がる。2022年、新たな年の始まりは、明るい未来へつながる、これからに向けたスタートだ。

「試合の見どころ」は1/29の試合情報へ


EVENT

イベント

  • ライズTOKYO様出展ブースイベント

    ライズTOKYO様出展ブースイベント
  • あたりつき「GO TIGER!?ステッカー」来場者全員プレゼント

    あたりつき「GO TIGER!?ステッカー」来場者全員プレゼント
  • 【CREW限定】STEAMからの御年賀(おまんじゅう)をプレゼント!(先着300名)

    【CREW限定】STEAMからの御年賀(おまんじゅう)をプレゼント!(先着300名)
  • 【CREW限定】抽選会実施!

    【CREW限定】抽選会実施!
  • フードトラック出店!

    フードトラック出店!
  • ガチャガチャ新登場は古谷画伯グッズ第二弾!

    ガチャガチャ新登場は古谷画伯グッズ第二弾!
  • STEAMグッズ続々追加!!!

    STEAMグッズ続々追加!!!
  • Twitterでメッセージを!会場で流してCREWみんなで盛り上げよう!

    Twitterでメッセージを!会場で流してCREWみんなで盛り上げよう!
  • ROCKETS CREW募集!

    ROCKETS CREW募集!
  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信

TIME TABLE

当日のタイムテーブル

  1. 第二試合 一般搭乗開始 (第一試合(男子サントリーサンバーズ vs JTサンダーズ広島)は、第二試合のチケットではご観戦いただけません。完全入れ替えとなります)

  2. ウエルカムトーク

  3. NEC RED ROCKETS SOUND GRAFFITI! 後編  ※選手が選曲した曲にて会場を盛り上げます。誰の選曲かは当日のお楽しみ!?

  4. ライズTOKYO様 ウエルカムスピーチ

  5. 両チーム選手入場、コート練習開始

  6. 合同公式練習 ※この時間帯にて見どころ解説、応援練習をいたします。

  7. トヨタ車体クインシーズ 紹介

  8. NECレッドロケッツ 紹介

  9. 試合開始

  10. 第二セット終了後、ハーフタイムショー

  11. 試合終了後セレモニー

GUIDE LINE

感染症対策

ご来場されるお客様へのお願い

飲食時以外は必ずマスクを正しくご着用ください。マスクの配布はございません。


①観戦について

他のお客様との握手・抱擁・ハイタッチなどは行わないでください。

②ソーシャルディスタンスの確保

各待機列において、ソーシャルディスタンスの確保のご協力をお願いします。

③消毒、換気の徹底

入場ゲート付近及び体育館内の各所に消毒液を設置し、トイレ内にはハンドソープ、紙タオルを設置いたしますので、ご利用ください。

④ゾーニングについて

お互いの接触を避けるため、体育館内を3つのゾーンに分けさせていただきます。指定されたゾーン以外への立ち入りはくれぐれもお控えください。

⑤応援について

声を出しての応援、応援旗や応援幕の持ち込みと体育館内での掲出は禁止させていただきます。

⑥各種イベントについて

今シーズンは選手と直接接触を伴うイベントは実施いたしません。

⑦ファンサービスについて

今シーズンは選手からファンの皆さまへの直接接触を伴うファンサービスは全て中止とさせていただきます。
選手が会場内へ入退場する際のいわゆる、”出待ち行為”も禁止とさせていただきます。

⑧飲食について

体育館外からの、缶・瓶の持ち込み、およびアルコール飲酒は禁止されております。
また、飲食は自席での黙食へのご協力・ご理解をお願いします。

⑨喫煙について

体育館敷地内(外も含め)には喫煙所はございません。なにとぞご了承願います。

⑩お客様情報について

当日券ご購入の際は、半券裏面への氏名・ご連絡先のご記入にご協力ください。

Vリーグ「新型コロナウイルス等感染症へ対策について」
https://www.vleague.jp/covid19/social.html


ACCESS

会場アクセス

大田区総合体育館

Ota-City General Gymnasium

大田区総合体育館

〒144-0031 東京都大田区東蒲田1丁目11−1
Googleマップで見る公式サイト

PARTNER SHIP

パートナーシップ

プレミアムパートナー

オフィシャルユニフォームパートナー

オフィシャルパートナー

オフィシャルサプライヤー

メディアパートナー

サポートカンパニー

  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信