NEC RED ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

MATCH INFORMATION

試合情報

V1 LEAGUE

レギュラーラウンド

NEC
レッドロケッツ

VS

ヴィクトリーナ姫路

ヴィクトリーナ姫路

小瀬スポーツ公園体育館

25-18

25-18

23-25

25-23

3

1

  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信

STARTING MEMBER

スターティングメンバー

  • サラ・ ウィルハイト

    18

    サラ・ ウィルハイト

  • 山田 二千華

    13

    山田 二千華

  • 曽我 啓菜

    曽我 啓菜

  • 古賀 紗理那

    古賀 紗理那

  • 島村 春世

    島村 春世

  • 塚田 しおり

    塚田 しおり

  • 井上 琴絵

    20

    井上 琴絵

RESERVE MEMBER

リザーブメンバー

  • 16

    小島 満菜美

  • 10

    澤田 由佳

  • 12

    山内 美咲

  • 9

    廣瀬 七海

  • 8

    野嶋 華澄

  • 4

    柳田 光綺

  • 7

    甲 萌香

マッチリポート

第1セット、古賀のオフェンス2発でリードし良いスタートを切る。その後も島村のブロックポイントや古賀の連続サービスエースで流れを作る。姫路のミドルを中心としたコンビに中盤詰め寄られるが、井上の好ディフェンスや山田のブロックポイントなどで逆転を許さず終盤に入る。終盤は途中交代の廣瀬・山内の活躍で得点を重ね、25-18で先取する。
第2セット、硬いディフェンスの姫路に序盤ややオフェンス決定に苦しむが、山田・島村を中心としたブロック&ディフェンスで姫路のオフェンスを決めさせず着実に得点を重ねる。中盤、古賀のブロックポイントが出ると、塚田がミドルを起点にコンビを組み立て、ディフェンスでもオフェンスでもリズムを作り徐々に点差を広げる。終盤、リリーフサーバー・野嶋の連続ブレイクで引き離し25-19で連取する。
第3セット、姫路の外国人エース・プラク選手の高いブロックに阻まれ、序盤リードを許す。姫路セッター・櫻井選手の正確なトス回しに、姫路のオフェンスの精度が上がりなかなか追いつくことができず、中盤までにリードを広げられる。なんとか流れを変えたいレッドロケッツは、野嶋・柳田を起用。最大7点差あった差を、古賀・柳田を中心としたオフェンスで終盤に1点差まで詰め寄るも逆転できず、23-25でセットを落とす。
第4セット、セッター・澤田は、島村・山田の両ミドルを中心にオフェンスを展開する。姫路のミスなどもあり、リードして1stテクニカルタイムアウトを迎える。前のセットから躍動していた姫路のレフトからのオフェンスを山田がブロックで仕留めるなど、ブロックでプレッシャーをかけるが、ミドル・ライトからのオフェンスに決められ始め、逆転を許すも離されず、拮抗した展開の終盤、コートに戻ったウィルハイトのバックアタックや古賀のサーブブレイクで逆転。しかしプラク選手のスピードサーブに再び逆転を許す場面があるも、最後は廣瀬のオフェンス、山田のブロックポイントで取り切り25-23。セットカウント3-1で勝利した。

【第26戦 2022/3/12(土) ハイライト映像+VOMインタビュー】



【選手コメント 背番号⑨ 廣瀬七海選手】



【選手コメント 背番号⑯ 小島満菜美選手】


  • 順位表
  • 個人ランキング
  • 公式レポート

MATCH PREVIEW

試合の見どころ

いよいよシーズンも残り終盤。3月12、13日に山梨県小瀬スポーツ公園体育館で開催されるホームゲームは、今季のレッドロケッツ最後のホームゲームだ(※4月2、3日に代替試合が開催予定)。
対するはまず12日に対戦するヴィクトリーナ姫路。順位こそ11位ではあるが、決して侮ることはできない。攻撃の柱はオランダ代表のアウトサイドヒッター、プラク・セレステだが、打数の大半がプラクに偏るかと言えば決してそうではない。リーグ前半こそ偏りが見られたが、同じアウトサイドヒッターの孫田菜奈や渡邉かや、オポジットの田中咲希やミドルブロッカーの佐々木千紘、すべての攻撃陣を活かすべく、セッターの櫻井美樹がバランスに長けたトスワークを見せる。ディフェンス面でもリベロの花井萌里を中心にした堅守が持ち味であり、1本で無理に決めようとするのではなく粘り強くラリーに持ち込み、取るべき場面でしっかり取りきる。昇格以後、着実に力をつけてきたチームであるのは間違いない。

 すべてのチームにとって負けられない試合。もちろんレッドロケッツも同様だ。リーグ終盤を迎え、ただでさえ体力面、精神面で疲労が蓄積する中、ここまで3週に渡り、平常通りの土日の連戦に加え、水曜にも代替試合が行われる過密日程に挑んできた。優勝するためには乗り越えなければならない壁とはいえ、勝負がかかる後半に、過酷な日程で戦う。選手、スタッフにかかる負荷は想像を絶するが、金子隆行監督が選手たちに向け、訴えかけた思いは1つ。
「バレーボールができることは当たり前じゃない。ならば今こうして戦えることに感謝して、どんな状況であろうと必ず乗り越えよう。きっとその苦しい戦いを制する力を持ったチームこそが、優勝に値するチームだ」

PICKUP PLAYERS
【背番号⑩ 澤田由佳選手】

もう1年が経とうとしているのに、未だはっきりと、忘れられないシーンがある。JTとのセミファイナル、フルセットで放った自らのサーブだ。試合自体は鮮明に覚えていない、と言いながら、その1本だけは忘れられない。澤田由佳はそう振り返る。
「自分の中では(1本目がアウトになったけれど)入れていこうという気持ちは全くなかった。とにかく攻めていこう、としか考えず打ちました。でも結果的にその1本がアウトになって、流れを相手に渡してしまった。申し訳ないという気持ちしかありませんでした」
どれだけ悔しくても押し殺し、極めて冷静に振る舞う。それがセッターとしてのプライドでもある。今季から副キャプテンに就任したことも加え“忘れられない”敗戦は、澤田をさらに強くした。
「今まではどうやって試合を組み立てるか。自分のことに意識が向けられがちでした。でも副キャプテンになって、だから特別何かしようというわけではないですが、自然にチームのことを考えるようになった。チームとして勝つためにどうすればいいか、というのを前よりも強く意識するようになりました」
レギュラーとして試合に出る選手だけでなく、戦うのは皆同じ。勝ちたいのも同じ。AB戦でもBチームの選手に「今のよかったね」と積極的に声をかけ、コミュニケーションを図るよう努めた。
「いいところを見ていてくれた人がいる、とわかるだけで頑張れる。まだまだ足りないですけど、そういう声かけはもっとできたらいいな、と思います」
スタートでもリリーフでも、やるべきことは変わらない。ただし、今季は少しだけ感情も露わに点を取ったらぴょんぴょん跳ねる。見どころはポーカーフェイスのみならず。かわいらしく喜ぶ姿も必見だ。
 

2022/3/13 vs 埼玉上尾メディックス戦のマッチプレビューはこちら

EVENT

イベント

  • ROCKETS GEAR新商品!マグカップとトートバッグ!

    ROCKETS GEAR新商品!マグカップとトートバッグ!
  • 今シーズン最後のガチャガチャ!あの復刻版と山梨限定!

    今シーズン最後のガチャガチャ!あの復刻版と山梨限定!
  • サイン入りグッズなどがあたる抽選会開催!【CREW限定】

    サイン入りグッズなどがあたる抽選会開催!【CREW限定】
  • SPARKLESパフォーマンスで盛り上げます!

    SPARKLESパフォーマンスで盛り上げます!
  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信

TIME TABLE

当日のタイムテーブル

  1. 一般搭乗開始(開場)

  2. 当日券現地販売開始(お支払いは現金のみとなります。お手数ですがあらかじめご用意願います)

  3. アリーナナビゲーター ウエルカムトーク

  4. オープニングショー(甲府商業高校チアパフォーマンス、thank you movie、SPARKLESパフォーマンス)

  5. NECレッドロケッツ選手入場

  6. ヴィクトリーナ姫路選手入場

  7. コート練習開始

  8. 公式ウォームアップ(キープレイヤー紹介)

  9. 両チーム スターティングメンバー紹介

  10. 試合開始

  11. 第二セット終了後、ハーフタイム(SPARKLES × STEAM)

  12. 試合終了。試合終了後セレモニー。

  13. 第二試合チーム、埼玉上尾メディックス、久光スプリングス、コート練習開始

  14. 第二試合 公式ウォームアップ(両チーム選手・スタッフ紹介)

  15. 第二試合 選手入場

  16. 第二試合 スターティングメンバー紹介

  17. 第二試合開始

  18. 試合終了。試合終了後セレモニー。

GUIDE LINE

感染症対策

ご来場されるお客様へのお願い

飲食時以外は必ずマスクを正しくご着用ください。マスクの配布はございません。


①観戦について

他のお客様との握手・抱擁・ハイタッチなどは行わないでください。

②ソーシャルディスタンスの確保

各待機列において、ソーシャルディスタンスの確保のご協力をお願いします。

③消毒、換気の徹底

入場ゲート付近及び体育館内の各所に消毒液を設置し、トイレ内にはハンドソープ、紙タオルを設置いたしますので、ご利用ください。

④ゾーニングについて

お互いの接触を避けるため、体育館内を3つのゾーンに分けさせていただきます。指定されたゾーン以外への立ち入りはくれぐれもお控えください。

⑤応援について

声を出しての応援、応援旗や応援幕の持ち込みと体育館内での掲出は禁止させていただきます。

⑥各種イベントについて

今シーズンは選手と直接接触を伴うイベントは実施いたしません。

⑦ファンサービスについて

今シーズンは選手からファンの皆さまへの直接接触を伴うファンサービスは全て中止とさせていただきます。
選手が会場内へ入退場する際のいわゆる、”出待ち行為”も禁止とさせていただきます。

⑧飲食について

体育館内でのお食事およびアルコールの飲酒は禁止とさせていただきます。

ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 


⑨喫煙について

体育館内は禁煙でございます。

⑩体育館内入場について

1階も2階も、館内すべて土足厳禁となります。お手数ですが、上履きをご持参ください。

⑪お客様情報について

当日券ご購入の際は、半券裏面への氏名・ご連絡先のご記入にご協力ください。

Vリーグ「新型コロナウイルス等感染症へ対策について」
https://www.vleague.jp/covid19/social.html


ACCESS

会場アクセス

小瀬スポーツ公園体育館

KOSE SPORTS PARK

小瀬スポーツ公園体育館

〒400-0836 山梨県甲府市小瀬町840
Googleマップで見る公式サイト

PARTNER SHIP

パートナーシップ

プレミアムパートナー

オフィシャルユニフォームパートナー

オフィシャルパートナー

オフィシャルサプライヤー

メディアパートナー

サポートカンパニー

  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信