NEC RED ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

MATCH INFORMATION

試合情報

黒鷲旗

黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会

NEC
レッドロケッツ

VS

PFUブルーキャッツ

PFUブルーキャッツ

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)

25-12

21-25

25-20

23-25

11-15

2

3

  • チケット購入

STARTING MEMBER

スターティングメンバー

  • 塚田 しおり

    塚田 しおり

  • 古谷 ちなみ

    11

    古谷 ちなみ

  • 甲 萌香

    甲 萌香

  • 廣瀬 七海

    廣瀬 七海

  • 川上 雛菜

    17

    川上 雛菜

  • 野嶋 華澄

    野嶋 華澄

  • 井上 琴絵

    20

    井上 琴絵

RESERVE MEMBER

リザーブメンバー

  • 12

    山内 美咲

  • 4

    柳田 光綺

  • 15

    吉田 あゆみ

  • 6

    上野 香織

  • 10

    澤田 由佳

  • 21

    廣田 あい

マッチリポート

第1セット、オポジットに廣瀬を起用し、PFUのエース、バルデス選手を迎え撃つ。甲と廣瀬の連続ブロックポイントで幸先良いスタートを切ると、塚田・井上の好ディフェンスが連発。そこに応えるように、廣瀬がオフェンス・ブロックに躍動し6-2とリードする。中盤も古谷のダイナミックなジャンプサーブから相手を崩し、連続ブレイクで12-4と突き放す。終盤も野嶋のワンレグを中心に塚田がアタッカー陣を生かし圧倒。25-12で先取する。
第2セット、廣瀬のレフトからのオフェンスで先制。PFU高相選手の巧みなオフェンスに揺さぶられ4点を追う展開となる。苦しい状況を打破したのは廣瀬のバックアタック、ライトからのオフェンスの連続得点。しかし、PFUバルデス選手に集められなかなか点差が縮まらない。11-16を追う中盤、サーブに攻められ思うようなオフェンスを展開できず苦しみ、14-21まで離される。廣瀬のブロックポイントやサーブブレイクの活躍で18-22まで詰め寄るが追いつくことができず、21-25でセットを落とす。
第3セット、山内・上野をスタートから起用。序盤から上野・山内がオフェンスで躍動し勢いをつけると、野嶋がディフェンス・オフェンスでハードワークし貢献、8-5とリードする。さらに、古谷・廣瀬がブロックアウトで相手のブロックを崩し16-12でリードを保つ。終盤、井上がディフェンスで牽引しPFUの粘りのバレーに対抗。粘る相手に廣瀬・野嶋が要所でオフェンスを決め、山内のサービスエースなどで逃げ切り、25-20でセットを取り返す。
第4セット、序盤から井上が好ディフェンスを連発し、アタッカー陣が攻めのオフェンスを展開。リズムができると、塚田がミドルを起点に時間差やバックアタックを絡めたコンビでリードする。中盤、スピードサーブに攻め込まれ11-12で逆転を許すとバルデス選手に集められ14-18まで離される。しかし廣瀬が難しいボールを打ち切り、上野がサーブブレイクの活躍を見せ18-18で追いつくと、そこから両チーム譲らない展開となる。井上がディフェンスで粘りを見せるが、最後は相手の粘りが勝り23-25でセットを落とす。
第5セット、セッターを澤田に替え挑む。廣瀬がバルデス選手のオフェンスをワンタッチを取り、丁寧なパスから澤田が組み立てリードする。終始スピードサーブに苦しむが全員で我慢する。ロングラリーを相手に取られ流れが傾くと、サービスエースを含む連続失点を許し6-9。川上が入り流れを切るが、その後もサーブに揺さぶられ7-11と広げられる。古谷に替わって入った吉田が、オフェンス・ディフェンスで躍動し2点差まで詰め寄るが、最後はPFU田原選手の巧みなコンビにサイドアウトを取られ11-15。セットカウント2-3で敗れた。

本試合の結果により、第70回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会準決勝敗退、3位で終了となりました。たくさんのご声援、ありがとうございました。

  • 公式レポート

ACCESS

会場アクセス

丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)

〒552-0005 大阪市港区田中3-1-40
Googleマップで見る公式サイト