NEC RED ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

川崎市立上作延小学校にて「ふれあい教室」を実施しました!

イベント・普及

シェアする

6月1日(火)、川崎市立上作延小学校にて「ふれあい教室」を実施し、上野選手・古谷選手が先生役として参加いたしました。



「短い時間ですが沢山ボールを触ろう」という古谷選手の言葉で授業が始まりました。
バレーボールの基本となるオーバー・アンダーパスを選手が実演し、子供たちは選手を見ながらオーバーパスの形を真似するなど熱心に取り組んでいました。



実際に円陣パスでボールを触り始めると、皆で「1、2、3、」と大きな声で数を数えながら少しでも多く続けようとボールが落ちるまで必死に走り回っていたのが印象的でした。
古谷選手がスパイクの見本を見せると、子供たちから「ギャラリーに乗りそう!!」と大盛り上がりでした。
ゲーム形式では全員がコートに入り前半の基礎練習で行ったオーバー・アンダーパスを使って協力し合いながらボールを繋ぎ、楽しそうな時間を過ごしていました。



教室の最後には子供たちから感想をいただき「もともとバレーボールの授業では後ろに隠れていましたが今日はとても楽しくて前に出て授業ができました。今度バレーボールの授業をするときは今日教わったことを活かして積極的に取り組みたいです。」と嬉しいお言葉をいただきました。
上野・古谷の両選手からは「短い時間でしたが久しぶりのバレー教室でエネルギーを沢山もらいました。」とコメントがあり、上作延小学校で楽しく貴重な時間を過ごすことができました。



本事業は新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催となりましたが、川崎市や学校のご協力のお陰でこのような機会をいただけましたこと、大変嬉しく思います。
今後も感染予防対策の徹底および、マスクをしながらの運動による熱中症に配慮した上でバレー教室を行って参ります。