NEC RED ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

MATCH INFORMATION

試合情報

v1 league

レギュラーラウンド

NEC
レッドロケッツ

VS

PFUブルーキャッツ

PFUブルーキャッツ

川崎市とどろきアリーナ

-

-

-

-

-

  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信

MATCH PREVIEW

試合の見どころ

PICKUP PLAYERS

[背番号⑧ 野嶋華澄選手]
 2節目の東レアローズ戦で今季初出場を果たし、翌週のヴィクトリーナ姫路戦からはスタメン出場。「攻撃力」をテーマとする今季、新たな戦力として名乗りを上げた。
 高校バレーの名門、八王子実践でも攻撃力の高さとブロックで存在感を発揮し、主将としてチームを牽引。最後の春高は、下北沢成徳との東京決勝に敗れたものの準優勝で有終の美を飾った。青山学院大学でも磨きのかかった攻撃力でユニバーシアード代表に選出されるなど、キャリアは華々しい。昨季はリリーフサーバーとしての出場が多かったが、今季はセッターの隣に入るミドルブロッカーとして、野嶋の攻撃力は不可欠だ。
「(レッドロケッツは)ジョンさんのように、攻撃力の高いミドルがいるチームなので、いかにミドルで得点を取れるか。自分の攻撃が通れば周りの選手は楽に決められると思うので、苦しい時もハードワーク。諦めない姿勢だけは貫こうと思っています」
 高校こそ八王子ではあるが、地元神奈川、大和市の出身でとどろきアリーナも馴染みが深い場所。「観客が多ければ多いほど燃える」というタイプだけに、観客の応援はプレッシャーではなく間違いなく力になっている。
「声は出せなくても、ハリセンの音が響くだけで心が奮い立つし、力をもらっています。母校の八王子実践が(春高)東京大会で優勝したことも刺激になったので、どんな時も常に攻撃に入る“ハードワーク”を貫きます!」
 ここぞ、の場面でミドルが決める。痛快なスパイクに注目だ。
 
【背番号⑮ 吉田あゆみ選手】
 たとえコートに立てずとも、共に戦う気持ちは変わらない。
「なかなか試合に出られないのは悔しいです。でも、どんな時にチャンスが巡ってきたとしても、そこで自分の最高のパフォーマンスが出せる準備をする。今は、自分にできることをするのみだと思っています」
 アウトサイドヒッターとして昨季もVリーグレギュラーラウンドやVカップで攻撃力をアピール。力強いスパイクで存在感を発揮したが、吉田自身が求めるのは「バランス」だ。
「(古賀)紗理那さんや、(岡山シーガルズの)金田(修佳)さん、(JTマーヴェラスの)林(琴奈)さんのように、攻撃もできるし守備もいい。なおかつ攻撃もいろいろなパターンがある選手が憧れ。自分もこんなプレーをしてみたいと思いながら観察しています」
 年内最後のホームゲームで対戦するPFUブルーキャッツの新エース、バルデス・メリーサは古川学園高時代の後輩。吉田が3年時、1年だったメリーサと共に戦った。
「ものすごくいい子だし、バレーボールのポテンシャルが高い選手。今は敵なので負けないように頑張りたいです。高さで劣っても、違う部分で勝てる。そんな選手になりたいです」
 来るべき時のために、今は力を蓄え、磨く時期。コートで爆発するための準備は万全だ。
 
【背番号⑰ 川上雛菜選手】
 昨季の同時期は、筑波大のエースとして優勝を目指し、全日本インカレを戦っていた。
「あれから1年か、と思うとあっという間です。でも、全カレが終わって、すぐ合流したので、バーッとここまで来た感じで、大きな変化がないというのも正直な気持ちです(笑)」
 物怖じしない飄々とした振る舞いは、バレーボールの時も同じ。見る側からは緊張など微塵も感じさせず、来たボールに対してパッと面を合わせ、相手が崩しに来たサーブも難なく返す。「もともとサーブレシーブは得意」と言うが、あれほど力まずパスを返す技術と度胸は、ただ者ではない風格すら漂わせる。
「自分では一生懸命頑張っているんですけど、周りからもよく『簡単そうに返す』と言われます。でも、Vリーグのサーブは大学と違うし、自分と(古賀)紗理那さんが対角に入れば、相手は崩れる確率が高いと思って私を狙う。そこで崩されたら攻撃につながらないので、まずはレシーブで自分の役割をしっかり果たしたいです」
 大学時代から常勝軍団でプレーし、チームの勝利を貪欲に求めてきた。だがステージが上がった場所でプレーする今、トップカテゴリーで頂点に立つことは容易いことではない。だからこそ、チームが勝つために、自分が果たすべき役割、見せるべきプレーはレシーブ。堂々とそう言い切り「いいスパイクだけでなく、いいレシーブをした時にハリセンを叩いてもらえると嬉しい」とほくそ笑む。ルーキーらしからぬ“仕事人”ぶりは必見だ。

「試合の見どころ」は12/4の試合情報へ


EVENT

イベント

  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信

TIME TABLE

当日のタイムテーブル

  1. 当日券現地販売開始(お支払いは現金のみとなります。お手数ですがあらかじめご用意願います)

  2. NECロケッツチアリーダー「SPARKLES」+川崎キッズチアリーディングクラブ「バンビーズ」パフォーマンス(場外外周ステージ)※雨天(悪天候)中止

  3. ファンクラブ・一般搭乗開始

  4. アリーナMC ウエルカムトーク(イベントナビゲーション他)

  5. カワサキミュージックバトル グランプリ澪さんご紹介

  6. DJタイム

  7. オープニングショー(STEAMサンタ登場!?NECロケッツチアリーダー「SPARKLES」パフォーマンスほか)

  8. 両チーム選手入場

  9. コート練習開始

  10. 公式練習

  11. 川崎市福田市長ご挨拶

  12. 試合開始

  13. 第二セット終了後 ハーフタイムショー(NECロケッツチアリーダー「SPARKLES」+川崎キッズチアリーディングクラブ「バンビーズ」パフォーマンス)

  14. 試合終了後セレモニー

  15. セレモニー終了後、ROCKETS CREW限定(抽選)宇宙体験ツアー(アフターマッチファンクション)予定 ※選手は参加いたしません

GUIDE LINE

感染症対策

ご来場されるお客様へのお願い

アリーナ内では必ずマスクの着用をお願いします。

①観戦について

他のお客様との握手・抱擁・ハイタッチなどは行わないでください。

②ソーシャルディスタンスの確保

各待機列において、ソーシャルディスタンスの確保のご協力をお願いします。

③消毒、換気の徹底

入場ゲート付近及びアリーナ内の各所に消毒液を設置し、トイレ内にはハンドソープ、紙タオルを設置いたしますので、ご利用ください。

④ゾーニングについて

お互いの接触を避けるため、アリーナ内を3つのゾーンに分けさせていただきます。指定されたゾーン以外への立ち入りはくれぐれもお控えください。

⑤応援について

声を出しての応援、応援旗や応援幕の持ち込みとアリーナ内での掲出は禁止させていただきます。

⑥各種イベントについて

今シーズンは選手と直接接触を伴うイベントは実施いたしません。

⑦ファンサービスについて

今シーズンは選手からファンの皆さまへの直接接触を伴うファンサービスは全て中止とさせていただきます。
選手が会場内へ入退場する際のいわゆる、”出待ち行為”も禁止とさせていただきます。

⑧顔認証入場

顔認証入場システムによる入場管理を実施します。

⑨飲食について

黙食へのご協力・ご理解をお願いします。

Vリーグ「新型コロナウイルス等感染症へ対策について」
https://www.vleague.jp/covid19/social.html


ACCESS

会場アクセス

川崎市とどろきアリーナ

TODOROKI ARENA

川崎市とどろきアリーナ

〒211-0052 川崎市中原区等々力1-3
Googleマップで見る公式サイト

PARTNER SHIP

パートナーシップ

プレミアムパートナー

オフィシャルユニフォームパートナー

オフィシャルパートナー

オフィシャルサプライヤー

サポートカンパニー

  • チケット購入
  • チケット情報
  • ライブ配信