NEC RED ROCKETS
  • 公式facebook
  • 公式twitter
  • 公式instagram
  • 公式youtube

宮古島合宿を実施

チーム情報

シェアする

7月5日~8日までの4日間、宮古島市で強化合宿を実施しました。
宮古空港到着の際には、「ようこそ」という意味の宮古島の方言である「んみゃーち」で歓迎していただきました。現地の方に温かく迎え入れていただき、合宿が開催できる喜びを感じました。



今回の合宿では、ビーチトレーニングを中心に強化を行いました。体育館でのトレーニングとは異なり、青い海を背に行うトレーニングは気持ちも高まり、新鮮な気持ちで取り組めました。
今季2回目のビーチでのトレーニング(1回目の様子はコチラ)ということもあり、砂浜を走ることへの難しさはほとんどなく、砂浜の感覚を確かめながら自身の動きと向き合うことが出来ました。
初日から「ビーチバレーボール」を取り入れ、ビーチバレーのルールを学び、楽しみながらボールコントロールなどの基本的な技術を練習したり、合宿最終日には現地の方と試合をしたりと、インドアと異なる感覚を楽しみながら技術を養うことができました。



7月6日には、宮古島市の座喜味市長を、古谷選手と金子監督が表敬訪問しました。
「宮古島で合宿を行ってもらい嬉しく思う。宮古島の潮風を吸ってエネルギーにしてほしい」と歓迎と激励のお言葉をいただきました。
金子監督は、「新たな地で合宿を行うことで、その場を知る機会になる、知ろうとする姿勢がスキルにも活かせる。」と新天地での意気込みを語り、古谷選手は、「この合宿でさらにパワーアップし今年こそ日本一をとりたい」とリーグに向けた意気込みを述べました。



7月6日に、宮古島市の小学生・中学生を対象にバレー教室も行いました。
質問タイムがなかなか終わらないほどの、子どもたちのバレーボールに取り組む意欲と学ぼうとする姿勢に感動を覚えました。参加した選手・スタッフからも「レベルの高い質問でびっくりした」「教えたことが1つでもプラスになるといいな」などの言葉があり、お互い真剣にバレーボールについて考え、練習できた時間になったと感じます。



今回の合宿では、チームの強化だけでなく、現地の方々と交流ができ、バレーボールを通した「繋がり」を広め強めることができた4日間になりました。
支えてくださり、応援してくださる方々がいるからバレーボールができるということを、改めて実感いたしました。合宿開催にあたりご尽力いただいた皆様、本当にありがとうございました。日本一を目指し、さらに強化して参ります。
引き続き、NECレッドロケッツへのご声援、よろしくお願いいたします。